骨盤が歪むとどんな悪影響があるの?

子供を産んだり、デスクワークが多くて骨盤が歪んでしまったという方は多いと思います。
そこで、こちらでは骨盤が歪むとどういった悪影響があるのか調べてみました。

骨盤の歪みにより姿勢が悪くなると、きちんと筋肉を使わない歩き方になることがあります。筋肉を使わないで歩いていると、血流やリンパ液の流れが悪くなり老廃物が下半身に溜まってむくんでしまうのです。さらに筋肉は使わないと減ってしまうため、新陳代謝が低下し太りやすくなってしまいます。

骨盤は下半身だけではなく上半身にも繋がっているため、骨盤が歪むと身体全体に歪みが生じ、腰痛だけではなく肩こりや身体全体の不調が起きてきます。
疲れやすくなるため身体を動かすことが億劫になり、運動不足から筋力が弱まって、ますます疲れやすくなるという悪循環に陥ります。筋力が弱まるということは、新陳代謝も低下してしまいます。

出産時は骨盤に大きな負担がかかります。赤ちゃんを通すために左右に広がり、そこを赤ちゃんが通過するため歪みも生じることがあります。
出産で受けた骨盤のダメージを矯正しないままにしておくと、広がった骨盤の間に内臓が下がってしまうため、下腹がぽっこりと出っ張ってしまいます。産後太りがなかなか解消できずお腹が引っこまない、という悩みには骨盤矯正をお勧めします。

Filed under: 未分類 — staff 3:01 PM  Comments (0)